講演のご案内

正しい情報とより意味のある深い情報を早く入手することが戦略策定においては重要です。 国内の情報だけでは、もはや先行する海外のメーカーには太刀打ちできません。 当協会では世界の3Dプリンターニュースにアンテナを立てているとともに、自ら世界に 出て行き、生の情報を入手すること、および、3Dプリンターの開発現場や稼働現場に 立ち会って生の情報を得て、これをタイムリーに提供する講演やセミナーを企画していきます。

ものづくりのデジタル化が叫ばれて久しいですが、現在急速に進んでいます。ものづくりのデジタル化はこれまで一般に言われてきたデジタル化とは 根本的に異なります。これまで発展してきたものづくりのデジタル化は、回路がアナログからデジタルに置き換わることや、NC工作機械の切削によるものづくりを示していました。 しかし現在進行するデジタル化は、3Dプリンターをはじめとした"ADDITIVE MANUFACTURING"、つまり必要なところにのみ材料をパターニング・積層していくものづくりです。 この分野で現在最も研究開発が盛んに行われているのが、インクジェット技術です。 一般社団法人日本3Dプリンター協会では、インクジェット技術の基礎から応用研究が進むプリンテッドエレクトロニクスや今話題の3Dプリティング分野までを、最新の情報を基に解説しつつ、現状の課題や開発の方向性および将来性にいたるまで、 一歩踏み込んだ情報を提供致します。

講師紹介

山口修一

1983年東京工業大学大学院理工学研究科修了後、 エプソン株式会社(現セイコーエプソン株式会社)に入社。 インクジェットプリンターの要素開発や製品化に従事。1997年に同社を退社後、マイクロジェット社を設立。2013年大阪大学大学院工学研究科博士後期課程修了。2014年株式会社3Dプリンター総研を設立。2014年一般社団法人日本3Dプリンター協会を設立。

講演内容抜粋


講演実績(一部抜粋 民間企業での多数の講演は非掲載)

テレビ・ラジオ・その他メディア出演実績(一部抜粋)